アーカイブ

投稿者のアーカイブ

超人ロック ああ 夏休み 大石まさる先生

超人ロックトリビュート 第六弾
YOUNG KING OURS 2017年6月号掲載

巻末挨拶
・超人ロックを描けるとは!恐縮です。

インタビュー転載
「マーチャンダイス」完結後、すぐの再登場♪「超人ロック トリビュート」大石まさる先生に作品について語っていただきました!!
-「超人ロック」トリビュート企画として、「超人ロック」をご自身の手で描いた感想をお願いします!
大石 ワオ! マジで? いいの!?って感じでした! 何を描こうかとかで悩んだりはしませんでした。夏の農場でオーバーオールでチラリを描くぜ!と担当編集者と盛り上がりましたので(笑)。
-今回の「超人ロック」トリビュート作品で“楽しかったところ”“こだわったところ”などなど、“創作裏話”を教えて下さい!
大石 人もメカもいっぱい描けたので楽しかったです。新年会での会話。大石「今度ロックを描かせていただくんですが…」聖先生「おう、よろしくね~」大石「裸とか描いても…」聖先生「描きなさい描きなさい」と、ありがたいお言葉をいただいたので、フルに好きに描かせていただきました(笑)。聖先生、ロック50周年おめでとうございます。
-ありがとうございました。

カテゴリー: 超人ロック タグ:

超人ロック – 永遠(とわ)の肖像 – 環望先生

超人ロックトリビュート 第六弾
YOUNG KING OURS 2017年6月号掲載

巻末挨拶
・ロック登場のコマ、何十回描き直したか覚えてない!緊張した!

インタビュー転載
「超人ロックトリビュート」にて「OURS」初登場!環望先生に「超人ロック」への想いを語っていただきました!
-「超人ロック」トリビュート企画として、「超人ロック」をご自身の手で描いた感想をお願いします!
 楽しくも、緊張する作業でした。1ページ目から描き進めて、いよいよロックが登場するページでは緊張のあまり手が震えました!40年前の僕にいいたいです。「おまえ、漫画家になってロック描くぞ!」って。
-今回の「超人ロック」トリビュート作品で“楽しかったところ”“こだわったところ”などなど、“創作裏話”を教えて下さい!
 今回の物語はずっと以前から「自分が超人ロックを描くならこんな話」と温めていたものです。聖先生ご本人に構想を語ったところ「面白いから描いてごらん」とのお言葉をいただき、以来ずっと機会を待っていました。実現して嬉しいです。
-記憶に残る名場面や、初めての出会い、影響を受けたことなど、環先生の“「超人ロック」体験”について語ってください!
 小学生のころから聖先生の児童向け漫画にどっぷり浸かっていた僕が初めて触れた先生の“大人向けコミック”が「超人ロック」でした。あの日の衝撃がいまの僕を作ったと言って差し支えありません。
-「超人ロック」ファンの皆さんにメッセージをお願いします!
 プロ漫画家になってン10年経っても聖先生のまえでは1ファンになってしまうのは、みなさんと同じです。一緒にロック生誕50周年をお祝いしましょう!
-ありがとうございました!

カテゴリー: 超人ロック タグ:

超人ロック Never Touch it 太田垣康男先生

超人ロックトリビュート 第五弾
YOUNG KING OURS 2017年5月号掲載

巻末挨拶
・大大大好きな超人ロック!執筆依頼を頂けて本当に幸せでした!

カテゴリー: 超人ロック タグ:

超人ロック ~ファントム・タワ~ 大井昌和先生

超人ロックトリビュート 第四弾
YOUNG KING OURS 2017年4月号掲載

巻末挨拶
・SFはやっぱ難しい……ですが、ロックを描いてるだけで楽しかったです!

カテゴリー: 超人ロック タグ:

超人ロック ~温泉ロック~ 鈴木小波先生

超人ロックトリビュート 第三弾
YOUNG KING OURS 2017年3月号掲載

巻末挨拶
・ロック50周年本当におめでとうございます!描かせていただきまして楽しかったです!

カテゴリー: 超人ロック タグ:

超人ロック 超時空女子会・悪役超時空会議 黒丸先生

超人ロックトリビュート 第二弾
YOUNG KING OURS 2017年2月号掲載

巻末挨拶
・ロックファンの皆様にぶん殴られそうだな…と怯えながら、描かせていただきました。色々すみません!(笑)

インタビュー転載
「超人ロック」を愛する作家が“ロック”を描く「超人ロック トリビュート」!!今月は黒丸先生が登場!インタビューで「超人ロック」への想いを語っていただきました!
-「超人ロック」トリビュート企画として、「超人ロック」をご自身の手で描いた感想をお願いします!
黒丸 高校生のころの自分に教えてあげたいです。「描かせてもらえるんだよ~~」って(笑)。たぶん信じないだろうなあ。
-今回の「超人ロック」トリビュート作品で“楽しかったところ”“大変だったところ”などなど、“創作裏話”を教えて下さい!
黒丸 正直いって、私は「超人ロック」にはなんの不満も無いというか…“もっとこういうの読みたい!”という願望もなくて、いつもお腹いっぱい大満足な作品を読ませていただいているので、いざ「描かせてもらえる! やった~~!」となっても、そのあとのネタ探しに苦労しました。ロック本人は私には描けないな…なんかさわれないな…と思った結果他のキャラクターで彼をツッコミ倒すという、ロックにとってはヒドイ作品になってしまいました。反省しております!
-記憶に残る名場面や、初めての出会い、影響を受けたことなど、黒丸先生の“「超人ロック」体験”について語ってください!
黒丸 同世代の友人で「超人ロック」に詳しい人はあまりいないのですが(泣)、ツイッターなどで“好きだ好きだ”と叫んでいたことで、同じロックファンの人たちにたくさん出会うことができました。“この作品が好きだ!”ということでファン同士が手を取り合っている感じがするのは、他の作品ではあまり見たことないなあと思います。
-「超人ロック」で“好きなエピソード”と“好きなキャラクター”について教えてください!
黒丸 好きなエピソードは「流浪」。多数のキャラクターと時代ならではの事情が絡み合った難解なストーリーに、初めて読んだ高校生のころは圧倒されっぱなしでした。好きなキャラクターは、ナガトとオクタヴィアス。オクタヴィアスについては“たった一人で大戦争を操る”というスケールに感服(笑)。UAI社は悪の権化みたいな会社ですが、その会社が開発したランダーに乗って、数百年後にロックが帝国と戦うという展開にもシビレました。
-ありがとうございました!

カテゴリー: 超人ロック タグ:

超人ロック ~約束~ 佐藤マコト先生

超人ロックトリビュート 第一弾
YOUNG KING OURS 2017年1月号掲載

巻末挨拶
・光栄なお仕事、ありがとうございました。

カテゴリー: 超人ロック タグ:

「超人ロック」50周年~「作画グループ」のSFマンガ家たち

2016/12/22:質問の回答について訂正しました。

2016/12/18(日) 森下文化センターで開催された
SF漫画の魅力と題した講座の、第3回になります
「超人ロック」50周年~「作画グループ」のSFマンガ家たち、に参加してきました。

聞き手役が、メモリーバンク代表の綿引勝美さんで、
講師として「聖悠紀先生」「みなもと太郎先生」が登壇されての開催です。

聖先生は、いつものサンダルスタイルで登壇。
前あきのサンダルでは無く、スリットの入った歩きやすそうなサンダルだったような
(ついつい、足下を見てしまうのです(汗))

みなもと先生はというと、これは途中で先生がお伝えしてくれて分かったことですが、
着ていたセーターが、先日お亡くなりになられた「ばばよしあき」さんの形見分けの
服を着られていたとのこと。

つまり登壇席にいたのは、聖悠紀、みなもと太郎、ばばよしあきの
「トリオ・ザ・サクガ」が勢揃いしていたわけですね。
(思い出すと、ちょっとうるっとしてしまいます)

話のメインは、聖先生の作画グループ参加から始まり、
現在連載中の作品に至るまでの歴史をなぞって行くと言う感じだったのですが、
このあたりの記憶がかなりあやふやになっているのですが、
そうなってしまった衝撃が途中にありまして....

それがですね、あの伝説の、作画グループ第一回総会で行われた、
舞台「超人ロック」のカラー写真!が大型スクリーンに映し出されるという。
今まで、モノクロでしか見たこと無かったので、カラーでお披露目されたのって
初めてじゃないでしょうか。

悪役に「BELNEさん」、悪役が放つ技のエフェクト(黒子)役に「大塚 英志さん」が
参加されていたとの情報も。大塚さんがかなり本格的なライダーキックを、
超人ロック(聖先生)にくらわせておりました(笑

さらにオドロキなのが、当時のみなもと先生が書いた台本が現存していてお持ちになっていた事。
いやぁ、貴重な物を見せてもらいました。
残念ながら、第2回講演は無かったとのこと。

途中印象的だったのは、みなもと先生は本当に「超人ロック」と言う作品と、
「聖悠紀」という人物に惚れ込んでいたというのが、ひしひしと伝わって来たことです。
ばばさんも、とにかく「超人ロック」をいろんな雑誌社に持ち込んでは断られ、を
繰り返していたとのこと。
みなもと先生いわく「あれは、ばばの執念だった」との言葉が、
時代を先取りしすぎていたと言う、当時の超人ロックという作品を物語っていました。

でも当の聖先生は「超人ロック」が商業誌に載るとは思っていなかったんで...
とおっしゃってるのを聞いて、みなもと先生が「こういうやつなんですよ、淡泊だから」と
でも嬉しそうに言っているのが印象的で、本当にこのお二人は「なかま」なんだなぁと
いうのがひしひしと伝わって来たのが、見ていて楽しかったです。

話が長くなってきたので、最後にあった質疑応答ぶぶんと告知について。

質問:超人ロックの最終回を書くつもりはあるか
回答:以前のイベントであと30年書くと言いましたが、(ここでみなもと先生の「無理!」というツッコミあり)
   書けなくなるまで書き続けるので、最終回を書くつもりは無い。

質問:冬の虹以前の作品を書く予定はあるか
回答:今のところ書く予定は無い。読者の皆さんで想像して下さい。

質問:映画「魔女の世紀」のロックの声優が元々はオーディションをやるはずが、急遽、難波圭一さんに
   決まった。そのあたりの経緯はご存じか。
回答:経緯は知らないが、難波さんともう一人の人の2人の声を聞いて、どっちが良いか聞かれたので、
   難波さんの声の方が良いといった記憶はある。
   難波さんの方が声のトーンが低かった張ってなかったから ←すみません、この辺記憶があやふやなのでちょっと違うかも。
   ※Twitterで情報をいただいたので訂正しました。ありがとうございます。

質問:聖先生がボルテスVなどのキャラクターデザインに参加する様になった経緯は
回答:青柳 誠さん(石ノ森章太郎ファンクラブ会長)さんの紹介

他にあったかな。思い出せない。

後は告知

ドラゴンズブラッドが、来月の2月号で最終回となり、3月号から新連載が予定されています。

米沢嘉博記念図書館で、2017/06/09(金)~09/25(金)まで、
超人ロックの原画展が開催されます!!
スタートが、「ロックの日」と言うのが、にくいっっすね。
※まだ何を展示するかとかは決まっていないとのことですが、肉筆回覧時代のロックの原画が見われるかも!?

以上です。

ホントはもっとたくさん話があったんですが、思い出せない部分もあるのでごめんなさい。
間違い等ありましたら、コメントかメールフォームでお知らせ下さい。

そうそう、帰り際に、聖先生と奥様にご挨拶させていただきました(ありがとうございます!)
失敗したのは、その時にサンダルチェックしておけば良かった(汗)のと、
来週、先生のお誕生日だったのにお祝いするの忘れちゃったことです...

カテゴリー: 超人ロック タグ:

恋をさがそう!

別冊少女コミック 12月号
1971年12月1日発行 24ページ

読み切り作品
「新鋭 聖悠紀先生の力作!」という紹介から始まる
アメリカンスクールの恋愛ラブコメディです。

※「電脳かば」様の年表では、1972年となっていましたが、
 雑誌を見ると、昭和46年12月1日となっているため、1971年としました。

%e6%81%8b%e3%82%92%e3%81%95%e3%81%8c%e3%81%9d%e3%81%86_2

%e6%81%8b%e3%82%92%e3%81%95%e3%81%8c%e3%81%9d%e3%81%86_1

カテゴリー: 雑誌 タグ:

泥だらけの天使(まぜき伸吾)

作画グループの代表を長年つとめられていた、ばばよしあきさんが
2016年6月21日に永眠されたとの訃報が届きました。
謹んでお悔やみ申し上げます。

わたしが、ばばよしあきさんを初めてお見かけしたのが、2011年に東京で
行われた超人ロックのイベント会場で、ゲストとして登壇してお話しされていた時でした。
その時は、非常にお元気に明るく話をされていたのが、非常に印象深かったのを覚えています。
あまりにも若いお別れに驚きを隠せませんが、心からご冥福をお祈りいたします。

今回紹介するのは、ばばよしあきさんが漫画を描くときのペンネームである
まぜき伸吾さんの「泥だらけの天使」です。

この作品には、作者以外にも多数の作品が掲載されているのですが、
そのなかに、聖先生の「幸福のかけら 魔王の娘」が掲載されています。

幸福のかけら ワールドチャンピオン」のシリーズ作品ですね。

聖先生の作品も掲載されていると言うことで、こちらで紹介させて頂きました。

泥だらけの天使(まぜき伸吾)

掲載作品
・泥だらけの天使(まぜき伸吾)
・返信(みなもと太郎)
・つり人の詩(熊見坂省介)
・空からふってきた奴(沢田ユキオ)
・ウェスト・サイズ物語(湖西誠)
・魔王の娘(聖悠紀)

カテゴリー: コミックス タグ: