アーカイブ

2017 年 6 月 のアーカイブ

聖悠紀先生インタビュー掲載(2017年6月26日 読売新聞夕刊)

2017/06/26(月) 読売新聞 夕刊の「名作を訪ねて」というコーナーに、
「大河SF 読者が支え50年」と題して、聖先生のインタビューがカラーで掲載されました。

聖先生のインタビュー最後のしめくくりに書かれている言葉
「締め切りに追われ気付いたら50年。ロックは戦友みたいなものかなあ」という言葉が印象的。
これからもずっと戦友とともに生み出される作品が楽しみですね!

読売新聞 バックナンバー注文ページ
https://yomiuri-plus.com/jigyou_honbu/plaza_paper.html

カテゴリー: イベント タグ:

50周年関連イベント&キャンペーンまとめ

超人ロック生誕50周年を迎え、いろんなイベントやキャンペーンが始まっていますが、
たくさんありすぎて、ぜんぜん整理ができないので(汗 まとめページを作ってみました。

5月

■インタビュー
超人ロック50周年 聖悠紀先生インタビュー 少年画報社
http://www.shonengahosha.co.jp/feature.php#01


6月

■イベント
聖悠紀「超人ロック」生誕50周年展(第1期展示)
http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-locke.html
会場:米沢嘉博記念図書館1階展示室
期間:6月9日(金)~7月3日(月) 火・水・木曜日は休館(祝日の場合は開館)


■イベント
ギャラリートーク:おめでとう「超人ロック」生誕50周年!
日時:2017年6月9日(金) 18:00-19:30
場所:明治大学 米沢嘉博記念図書館 1F展示室
料金:無料


■イベント
2017年第12回「6月9日は超人ロックの日」
まとめページ https://togetter.com/li/1118356


■フェア
超人ロック 異聞 + 外伝 セット ※キャラアニ特典付き
キャラアニ特典 プリントサイン入りイラストミニ色紙
http://www.chara-ani.com/details.aspx?prdid=D17500014


■フェア
「超人ロック」生誕50周年記念フェア
神保町・書泉グランデ、秋葉原・書泉ブックタワー、芳林堂書店・高田馬場店、芳林堂書店・コミックプラザの4店舗で「超人ロック」生誕50周年記念してフェアを開催
https://www.shosen.co.jp/fair/55494/
フェア期間中には複製原画を展示。
※複製原画抽選プレゼント対象商品
少年画報社様刊・聖悠紀先生著
「超人ロック」シリーズ全タイトル
※複製原画プレゼント抽選券
対象商品ご購入1冊につき抽選応募券1枚
※抽選応募券に必要事項をご記入の上、ご購入店舗でご応募下さい。
※お申込み期限は9月10日(日)までとなります。


■フェア(電子書籍)
超人ロック50周年「69の日」フェア
聖悠紀が描く人気シリーズ『超人ロック』が今年生誕50周年を迎えます。電子書店各店では6月9日の「ロックの日」に合わせ『超人ロック50周年「69の日」フェア』を開催します。
実施期間 2017年6月9日(金)~6月22日(木)
『超人ロック』人気6シリーズがロックな価格で販売!3巻セットがなんと690円で!
『超人ロック オメガ 1 Locke The Superman Omega 1』
『超人ロック ソード・オブ・ネメシス 1 Locke The Superman Sword of Nemesis 1』
『超人ロック ホリーサークル 1』
『超人ロック 久遠の瞳 1 Locke The Superman Eternal Eyes 1』
『超人ロック 聖者の涙 Volume.1 Locke The Superman Tears of The Saint 1』
『超人ロック 刻の子供達 1』
⇒ シリーズ3冊、1~3でロック! 690円(税抜)で!

BOOK☆WALKERでは、購入特典・著者直筆メッセージペーパー付! メッセージペーパーは全6種類。全て絵柄異なります。

【フェア実施予定電子書店】
・BOOK☆WALKER https://bookwalker.jp/campaign/6651/
・Amazon Kindleストア http://www.amazon.co.jp/b?node=2275256051
・eBookJapan http://www.ebookjapan.jp/
・紀伊國屋書店Kinoppy https://www.kinokuniya.co.jp/
・コミックシーモア http://www.cmoa.jp/
・DMM 電子書籍 http://book.dmm.com/
・dブック http://book.dmkt-sp.jp/
・honto http://honto.jp/ebook/
・Reader Store http://ebookstore.sony.jp/


■インタビュー
超人ロック50周年記念インタビュー eBookJapan
http://www.ebookjapan.jp/ebj/content/sakuhin/choujinlocke/interview.asp


■インタビュー
6月26日 読売新聞 夕刊 名作を訪ねてのコーナーに「聖先生」のインタビュー掲載。
詳細はこちら


7月

■イベント(サイン会)
超人ロック生誕50周年『超人ロック 外伝』発売記念 聖悠紀先生 サイン会&原画展
http://www.yurindo.co.jp/yokohama-comic/5734
<原画展>
開催期間:6/1(木)~7/2(日)
開催場所:コミック王国手前イベントスペース

<サイン会>
開催日時:2017年7月1日(土)14:00~
開催場所:有隣堂 横浜駅西口コミック王国 店内特設会場
参加条件:『超人ロック 外伝』を、横浜駅西口コミック王国にてご予約、お買い上げいただいた方に先着で整理券を配布いたします。なお定員人数達し次第終了いたします。


■書籍
7月6日発売 「ハイパーホビーVOL.3」
聖悠紀 超人ロック生誕50周年展の展示の紹介が掲載。
http://characterland.jp/
https://twitter.com/hyper_hobby/status/874268308207353856


■イベント
聖悠紀「超人ロック」生誕50周年展(第2期展示)
http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-locke.html
会場:米沢嘉博記念図書館1階展示室
期間:7月7日(金)~7月31日(月) 火・水・木曜日は休館(祝日の場合は開館)


■イベント
「超人ロック」&聖悠紀、SFアニメとの深い関係
出演:小林治(ライター、元『OUT』「超人ロック」担当編集者)
藤津亮太(アニメ評論家)
日時:2017年7月8日(土) 16:00-17:30
場所:明治大学 米沢嘉博記念図書館 2F閲覧室
料金:無料 ※会員登録料金(一日会員300円~)が別途必要になります。


■フェア
キャラアニ.com 「超人ロック」特設ページ
http://www.chara-ani.com/pickup.aspx?p=locke50th
50周年を記念した、Tシャツ3種類発売。


8月

■イベント
聖悠紀「超人ロック」生誕50周年展(第3期展示)
http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-locke.html
会場:米沢嘉博記念図書館1階展示室
期間:第3期 8月4日(金)~8月28日(月) 火・水・木曜日は休館(祝日の場合は開館)


■イベント
コミックマーケット92
会場:有明・東京国際展示場 (東京ビッグサイト/有明臨海副都心)
超人ロック関連ブース
開催日:2017年8月12日(土)

・サークル「Factoryきゃの」東地区 ”ハ” ブロック 53a 。「超人ロック 生誕50周年」をお祝いする本
・サークル「海面を這う者」東地区 ”ハ” ブロック 53b 。超人ロック出現50周年記念文集を出す予定


9月

■イベント
聖悠紀「超人ロック」生誕50周年展(第4期展示)
http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-locke.html
会場:米沢嘉博記念図書館1階展示室
期間:第4期 9月1日(金)~9月24日(日) 火・水・木曜日は休館(祝日の場合は開館)


■イベント
聖悠紀と「超人ロック」~永遠を生きるエスパー・誕生から50年~
出演:聖悠紀(マンガ家)
belne[ベルネ](マンガ家、京都精華大学マンガ学科講師)
日時:2017年9月2日(土) 16:00-17:30
場所:明治大学 リバティタワー 12階1123教室
料金:無料


メモ用 https://matome.naver.jp/odai/2149744876786534601

情報が分かり次第、どんどん追記していきます。
抜け・モレ・間違いまど、情報提供あればお待ちしています。

2017/06/15 01:15 キャラアニのフェア追加
2017/06/26 00:20 超人ロック50周年 聖悠紀先生インタビュー 少年画報社追加
2017/07/30 12:00 キャラアニ.com 「超人ロック」特設ページ追加

カテゴリー: イベント, 超人ロック タグ:

6月9日は超人ロックの日

毎年、6月9日は「超人ロックの日」ということで、非常に盛り上がっているロック界隈ですが、
このイベントを始めた当初のことを思い出しながら、記事を書いてみたいと思います。

思い起こせば、2006年の春頃、わたしはmixiにある「超人ロックコミュ」に参加していました。
当時コミュの参加人数は、1000人は軽く超えていたと思います(資料がないので、正確な数字は不明)。
でも、コミュへの書き込みは、特定の人が時々書くような感じで、ちょっと寂しかったので、
なにか参加メンバーを巻き込んだ面白いことができないかなぁと考えていました。

で、ちょうど6月が近かったので「ロック」って数字で書くと「69」だから、
6月9日にやれば面白いんじゃない?という安直な考えで(汗
「超人ロックの日」(当時はこれだけのタイトルでした)というイベントをやってみることにしました。

告知はしたものの、いまひとつ盛り上がりの兆しが見えない中、一筋の光明が差し込みました!

当時、超人ロックコミュには、聖先生の奥様が参加していただいており、このイベントに賛同いただき、
聖先生から「超人ロックとの出会い」というイベントのお題を出していただくことができたのです。
おかげさまで、非公式イベントながら、急速に盛り上がりを見せていくことになります。

当時のイベントは、自分の日記に書くというスタイルでした。
(新しいファンをつかむ意味でも、書きこんだ人の友達にお知らせする意味と、
 ファン同士の間でロック以外の話題が見つかればいいなと思ったからです。)
すごく嬉しかったのが、なんと、一晩中聖先生の奥様が、書きこんでくれたユーザーの日記のお邪魔して、
コメントを残していただけ、率先して盛り上げてくださったのを、今も良く覚えています。

そんなこんなで、1回目も無事に終わり、大盛況のうちにイベントを終わることができました。
当時の雰囲気は、mixiのアカウントを持っている方であれば、いまでも見ることができます。

翌年も同様にmixi内でイベントをしたのですが、mixi以外の方も参加できるようにと、
奥様がブログを立ち上げてくださり、広く参加者が増えることになりました。

6月9日は超人ロックの日(外部リンク)

そして、2010年の第5回より、Twitterでの開催も始まり、どんどん広まっていったのは、
皆さんも御承知のことかと思います。

そんな「6月9日は超人ロックの日」も、今年(2017年)で、第12回を迎えました。

始めた当初は、mixiのコミュを盛り上げたい一心で始めたので、
こんなにたくさんの人が参加して、テレビで紹介されたり雑誌にも載っちゃうようなイベントになるとは予想していなかったです。

これもひとえに、第1回から御尽力いただいた聖先生の奥様の温かいお気持ちあってのことかと思います。

また、聖先生および関係者の皆様、そしてもちろん、超人ロックファンである皆さまの「愛」こそが
一番の力かと思います!!

このイベントが、20年、30年と続くことを願って。

2017/09/06 えぢまっく

第1回(2006年6月9日) mixi mixiのアカウントが必要です。

第2回(2007年6月9日)〜第10回(2015年6月9日) http://locke.exblog.jp

第7回(2012年6月9日) https://togetter.com/li/317275

第8回(2013年6月9日) https://togetter.com/li/515939

第9回(2014年6月9日) https://togetter.com/li/678167

第10回(2015年6月9日) https://togetter.com/li/832722

第11回(2016年6月9日) https://togetter.com/li/985249

第12回(2017年6月9日) https://togetter.com/li/1118356

カテゴリー: イベント タグ:

聖悠紀「超人ロック」生誕50周年展

主催:明治大学 米沢嘉博記念図書館
協力:角川書店『月刊コミックフラッパー』編集部
   少年画報社『ヤングキングアワーズ』編集部
   メモリーバンク株式会社
会場:米沢嘉博記念図書館 1階展示室
期間:2017年6月9日[金]~2017年9月24日[日] 火・水・木曜日は休館(祝日の場合は開館)

本展示は会期を4期に分け展示替えをします。
すべての期に作画グループ時代から『少年キング』はじめ商業各誌、全年代の原画を展示します。

第1期 6月9日(金)~7月3日(月)
第2期 7月7日(金)~7月31日(月)
第3期 8月4日(金)~8月28日(月)
第4期 9月1日(金)~9月24日(日)

2階閲覧室に、掲載誌・単行本などの書籍を並べた展示関連コーナーを設けております。

詳細ページリンク
http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-locke.html

Web魚拓

カテゴリー: イベント タグ:

超人ロック – 縁(EN) – やまむらはじめ先生

超人ロックトリビュート 第八弾
YOUNG KING OURS 2017年7月号掲載

巻末挨拶
・人生の良い思い出になりました。

インタビュー転載
トリビュート企画のラストを飾るのは、やまむらはじめ先生!「超人ロック」への想いや創作の裏側について語っていただきました!
-トリビュート企画として「超人ロック」をご自身の手で描いた感想をお願いします!
やまむら ひと言でいえば感無量、ということでしょうか。長く続けているとこんな日も来るんだなぁ…と感慨に耽っています。
-今回の「超人ロック」トリビュート作品で“楽しかったところ”“こだわったところ”などなど、“創作裏話”を教えて下さい!
やまむら 執筆中はずっと「青い髪のエスパー」を口ずさんでいましたね。いまでもそらで歌えて自分でもビックリです。こんなに「超人ロック」のこと「だけ」考えていたのは中学のころ以来だと思います…今回の作品についてはどんなネタであろうが大抵は御本家がやっておられるので、やってないネタを探した(未収録の短編とかまでは未確認ですが…)結果こうなりました。逆に世間ではよくあるネタではありますが…大トリということで他の作家さんとのバッティングもかなり気にしてて毎月ハラハラしてました。なんとか逃げ切れるかと思ったんですが、最後の最後で環さんと傾向が被っちゃいましたね。環さんスミマセン。弁解ですが原稿を入れたのは環さんの作品を見るまえだったんですよ(苦笑)。
-記憶に残る名場面や、初めての出会い、影響を受けたことなど、先生の“「超人ロック」体験”について語ってください!
やまむら そもそも「ロック」以前に聖作品との出会いが…話せばキリがないくらい長くなるので、詳しくは「超人ロック 異聞」のコメントで書かせてください。
-「超人ロック」ファンの皆さまにメッセージをお願いします!
やまむら 他の作家さんが皆きちんと自分たちの世界観に落とし込んで作品を描かれているので、1人くらい丸っきり同人ノリの物があっても良かろう、とこうなったんですが…うーん、しまりませんね。「お祭り」ということでどうかご容赦いただければ、と願います。とにかく今回の企画に参加できて光栄でした。ありがとうございました。
-ありがとうございました!

カテゴリー: 超人ロック タグ: